近年、軽自動車人気で車種が充実していますが、軽の底力は日本の宝です。大活躍の軽市場は今後も成長すると思います。

軽自動車の人気車種について思うこと

軽自動車人気車種充実

近年、軽自動車人気で代表メーカーのスズキ、ホンダ、ダイハツ、三菱が大活躍しています。どこも各社、軽自動車の車種が充実していますが、昔に比べて車両価格がかなり高くなった感じがします。それでもたくさんの軽自動車が売れていて、各ご家庭に多いパターンとして、セカンドカーとして所有している人が多いです。この軽自動車ですが、最近、TPP問題で、スズキの鈴木会長兼社長が、日本とアメリカの首脳会談でのコメントについて、大いに怒っていることが世間で注目されていました。内容は、軽自動車とTPPは無関係であることの主張なのですが、アメリカが希望する日本市場の解放要求によって、軽自動車の税制優遇の見直しを迫ってくる可能性が大きい現実です。

アメリカにとっては、日本に車を売り込みたいけど、軽自動車が邪魔であるとはけしからん話しであると私も思います。軽自動車の底力は日本の宝です。これだけ多くの販売実績がある軽自動車の税率が大きく変わってくると、誰もが乗る手軽でお洒落な軽自動車のイメージ大きく変わってしまいます。また、鈴木会長兼社長のコメントで軽自動車は、車のサイズ、排気量の規格があったからこそ高い技術開発が出来たとのことでした。確かに、最近の軽自動車は、低燃費でも大きく技術が発展しています。ダイハツの新型ムーブのテレビコマーシャルなどは、インパクトがあり、頭から離れず、車への関心が強くなります。本当に上手いです。今後も軽自動車市場は、大いに成長すると思います。